仮想通貨に投資するなら、おすすめは分散投資?集中投資?

仮想通貨に投資するなら、おすすめは分散投資?集中投資?

93view

2018.07.03

にわかに大ブームの仮想通貨って一体何者?

大量流出のニュースなどで、仮想通貨について、なんだか怖いものじゃないかという印象を持っている方も多そうです。ですが、冷静にニュース全体を見渡してみれば、普通の現金の方がよく強盗や裏金作りなどで大量に被害にあっているような気もします。

仮想通貨だから危ないという訳ではなく、きちんと管理しないと何でも危ない、悪い人は何でも狙う、というところが普遍的な事実ではないかと思います。その仮想通貨ですが、結局のところどういうものなのでしょうか。儲かるとも損するとも聞きますが、素人が今から投資対象として検討するのはあり、なのでしょうか。

そして、その際の投資のコツのようなものはあるのでしょうか。仮想通貨についての疑問は尽きませんが、投資対象として考えるとき、その技術的なバックグラウンドまで考える必要はありません。普通にドルや円などの通貨への投資と同様に考えてもよいでしょう。その通貨への人気(買い)が集中すれば、値が上がり、売りに出す人が多ければ値が下がるという、株などと同じ仕組みです

。そもそも、円やドルはまだ現物を見たことがありますが、株取引なんて現物を見ることはまずありません。そういう意味では、仮想通貨でも、円やドルでも、株でも実態を把握しないまま上がりそうなものを買って、下がる前に売る、それだけのことと考えた方が取引に集中できそうです。

ただ1つ、仮想通貨の取引には重大な注意点があります。それは、瞬間的な価格の上下動の幅が非常に大きくなる可能性があるということです。つまり、株取引に比べて、何倍ものリスクがあるのです。もちろん、儲かったときの額も大きくはなりますが、短期間で半分以下にも暴落することもあります。そこを、チャンスが眠っていると思えるか、怖い世界だと思うかが、仮想通貨取引との相性かもしれません

仮想通貨に投資するなら、集中投資で一攫千金を目指す

仮想通貨以前にも、投資ブームは何度か訪れたことがあります。デイトレードやFXなどは、その代表的な現象で聞いたことがある方、実際に投資を経験してみた方も少なくないでしょう。どちらも、少額の資金で儲けるチャンスがあるというところが魅力で、多くの人の興味を引きつけました。

様々な体験談や失敗談が雑誌やネットを賑わせたものです。しかし、そこで「億り人」という言葉は出てこなかったと記憶しています。仮想通貨の投資では、如何にしてこの「億り人」になるかが目標の1つのように扱われることがあります。そもそも、「億り人」とは何のことでしょうか。「億り人」とは、仮想通貨の取引での利益が1億を超えた人のことをいいます。

つまり、仮想通貨では、少額の投資から初めても1億の資産を突破することが不可能ではなく、今現在もそれを目指して多くの人が、投資を行っているのです。仮想通貨の魅力は、この一攫千金の大高騰にあるといってもよいでしょう。そして、一攫千金のチャンスを掴むなら、投資方法は集中投資がベストです。

値動きが激しく、次に何がくるかがわかりにくい仮想通貨は、丁寧に銘柄の動きを観察して、わずかなきっかけも見逃さずに集中することがコツだという説があります。株であれば、6ヶ月、1年といった長期的スパンでも予測や、決算や新製品発表といった年中行事に従い、ある程度値動きの予想がつきますが、仮想通貨ではそのような長期予測がほぼ不可能です。

であれば、分散投資で安全策を取ろうにも何が安全かわからない、それならドンと行ってしまおうというのが集中投資派の根拠です。なるほど、言われてみればもっともな理屈です。投資の世界では「1つの器に全部の卵を盛るな」という格言があります。

1つのミスで全部の卵が台無しになるようなことをするな、ということで、つまりは分散投資をすすめる格言です。しかし、20、30の有力銘柄が競い合っているような状況ならともかく、今の仮想通貨はほぼ1強、ビットコインでその他数銘柄という状況です。これで分散投資をするメリットがあるのかどうか、そこがポイントとなってきます。

仮想通貨に投資するなら、分散投資で安全運用をしよう

前項でも述べましたが、仮想通貨には非常に多くの銘柄がありますが、その中ではビットコインがずば抜けて強い状況です。とはいえ、ビットコインだけを持っておけば安全かというと、そうとも言い切れません。長い目でみれば右肩あがりなのですが、その間で突如価値が半分程度に暴落する現象も見えます。

完全な余剰金で、下がったら上がるまでのんびり待つという投資スタイルなら、ビットコインの暴落も気にならないかもしれませんが、信用取引をしていた場合、暴落は大損害に繋がりかねません。どこかの銘柄が乱高下しても、他の銘柄が逆の動きをして、総資産自体の変動を抑えておきたいものです。

これが、分散投資のメリットなわけです。ただし、仮想通貨では、ビットコインに対して何を保険的に保有しておくべきか、の見極めがとても難しいのです。ビットコイン以外の仮想通貨を総称して、アルトコインという呼び方をします。アルトとはアルタナティブの略で、ビットコインに代わる新しいコインといった意味です。

ビットコイン1強時代の今、それに対抗するアルトコインがどれと決められないのが、分散投資派の悩みですが、時価総額ランクで上位のアルトコイン数種類に投資しておくことで、多少でもリスク回避の役には立ちます。

このような投資方法だと、「億り人」を目指すのは少々難しいのですが、手持ちの余剰資金を少しずつ増やしていくには向いています。それに、保有しているアルトコインのどれかが急に高騰し始める可能性もないわけではありません。そんな夢も見ながら、堅実に仮想通貨を楽しむなら分散投資がよいでしょう。

どちらにも理屈のある集中と分散、決め手は運用方針次第

仮想通貨の集中投資と分散投資、それぞれについて、そうすべきという意見を紹介しました。どちらにもなるほどと思わせる理由があり、どちらが正しいと決めるのは難しそうです。仮想通貨という投資対象への知識の他に、これまでの投資経験によってもおすすめの投資方法は変わってくるでしょう。

ただ、興味深いのは、どちらかといえば投資のセオリーであった分散投資派と同じくらい、集中投資派の方の声があるということです。投資は、基本的に投資先の将来性や社会的ニーズなど、今後の動きを予想しながら行うものですが、そういったセオリーがほとんど役に立たないのが現状の仮想通貨投資です。

仮想通貨に関する世界中の情報や、多くのアルトコインの動きに神経を張り巡らせて、些細な変化から瞬時に予測するといった反射神経のような投資技術が求められます。もし、集中投資重視で行うなら、まさに寝る間も惜しんで、情報をキャッチし続ける必要がありそうです。そこまでの入れ込みが難しいのであれば、有力なアルトコインから適当に分散投資というのがよいのではないでしょうか。

銘柄個々単位で見ずに、仮想通貨全体として捉えてみると、まだまだかなりの勢いで右肩上がりです。仮想通貨の上昇トレンド自体は、当分継続するという点については、様々な分析からも明らかになっています。であれば、よほど外れのアルトコインを選びまくらない限りは、分散投資でも緩やかな上昇が期待できそうです。

一人勝ち状態のビットコインを大量に買い込むのは、中々難しくなってきていますが、上位のアルトコインからいつ第2のビットコインが登場するかもわかりません。そんな夢を追ってみるのなら、今は仮想通貨投資には、丁度よいタイミングといえるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る