【本気で増やす】仮想通貨投資で資金を生かすテクニックを解説

【本気で増やす】仮想通貨投資で資金を生かすテクニックを解説

67view

2018.07.03

【テクニックを養う前に?】仮想通貨で必須な3つの心構え

テクニックにこだわる前に投資は自己責任であること再認識する

仮想通貨を始めたばかりの方やこれから始める人は、どうしても利益を追及しすぎる傾向があります。世界をはじめ日本でも仮想通貨の売買が盛んに行われていますが、仮想通貨の経験があまりない場合、まず無理な投資をしないように気を付けることが大切です。

仮想通貨をはじめ、株式や不動産への投資はどの場合においても「自己責任」になります。たとえ専門家による分析結果をもとにしたとしても、自分自身で判断したとしてもです。仮想通貨への投資でテクニックを磨くためには研究や豊富な知識が必要です。ですので投資をする時はすべてにおいて自己責任で行うことをしっかり認識しておきましょう。自分の資金は自分で守るということです。

通貨の値上がり予想は参考程度に受け止める

仮想通貨への投資をはじめると、日々の価格変動や市場の動きに敏感になります。通貨の中で最も急激な価格高騰を記録したのはビットコインですが、投資の専門家や金融業界のCEOですら予想外の展開でした。そうなると一体何を基本に取引を行っていけばよいのかということになりますが、専門家やプロの投資家の意見を「参考程度」としながら、自分自身の知見や考えと合わせて判断することが大切です。

誰も予測できない仮想通貨だからこそ、初心者のかたを含め誰でも利益を生み出すチャンスがあると考えることもできます。仮想通貨の値上がり予想はあくまで自分の取引を支える参考要素として受け止めておきましょう。

仮想通貨の情報を集める習慣をつける

日々の取引でチャートを見ていると、いろいろな情報が目に飛び込んできます。価格が少しずつ下がり続けている通貨、価格が一気に上がった通貨、一週間の間で上がり下がりを頻繁に繰り返している通貨などさまざまです。その他にも海外取引所についての情報や最近人気が急上昇したアルトコインの銘柄、今年の値上がり予想など、通貨の売買で取り入れたい情報があふれています。

仮想通貨投資のテクニックの下準備として最も大切なのは、情報のアンテナを張り巡らせ、自ら情報をゲットする習慣をつけることです。すべての情報をフィルターにかけて新鮮でポジティブな情報だけを入手するようにし、継続的な投資に役立てるようにしましょう。

短期長期向けテクニック【テクニカル・ファンダメンタルズ分析】

短期投資向きのテクニック・テクニカル分析とは?

テクニカル分析は短期投資家におすすめの投資テクニックです。テクニカル分析はさらに二つに分かれそれぞれをトレンド分析とオシレーター分析と呼びます。トレンド分析は仮想通貨の価格がどちらに動くか(右肩上がりか右肩下がりか)を徹底的に分析します。通貨の価格チャートは一定の方向に伸びる性質があるため、その動きを参考に未来の方向を予想する分析です。

仮想通貨における価格予想の基本テクニックです。オシレーター分析は希望する通貨の現在価格が「異常に買われているのか」「異常に売られているのか」をチャート記録をもとに分析し未来の価格を予想するテクニックです。初心者の方はまずトレンド分析から慣れるようにしましょう。

長期向けテクニック・ファンダメンタル分析とは?

一方、長期で投資をする際に用いたいテクニックがファンダメンタルズ分析です。ファンダメンタルズ分析は、仮想通貨の価格に影響する要素を分析し価格を予想するテクニックです。テクニカル分析と比べて大きく異なるのは、世界情勢や取引所の運営状況・業務体制を視野に入れて売買を行うところです。

ファンダメンタルズ分析で最も重要なのはあくまで情報量ですが正確性やスピードも大切です。長期投資では仮想通貨における情報の信ぴょう性やこの先考えられるリスクを研究した上で、投資を行うことが大前提です。長期投資では為替や原油の価格や政府機関が発表する仮想通貨の情報を集めて、取引の有無を決定するファンタメンタルズ分析を用いまょう。

資産を増やすための4つのおすすめテクニック

仮想通貨のハードフォーク(分裂)時はホールドしておく

2017年8月、ビットコインという人気通貨からビットコインキャッシュがハードフォーク(分裂)しました。通貨のハードフォークは珍しくなく、今後も継続して行われる新通貨誕生のあり方ですが、ハードフォーク前後は資産をホールドした方がよいです。ハードフォークする際は事前にハードフォークの予定をアナウンスするのが通常です。

ハードフォーク前後は価格の浮き沈みが見られますが、たとえ価格が下がってしまっても我慢してホールドしておきましょう。ハードフォーク前後は大暴落が予想され市場も大混乱しますが、ハードフォーク数日後には通貨が高騰することも考えらえます。待つべきときには待つことも大切なテクニックの1つです。

バブル崩壊と感じたら通貨の買いに走る

株式でも不動産でもバブルという言葉がありますが、仮想通貨でも価格が急激に上がることをバブルといいます。バブルがある以上バブルは崩壊するというのが世の定説ですがバブルが崩壊するとどうなるか?価格が一気に下落します。仮想通貨の投資で取り入れたいテクニックの1つが「通貨を最安値で購入する」ことです。価格が急激に下がり相場がバブル崩壊に値する価格を示したら買い時です。

できるだけ多くの通貨を購入するようにしましょう。株や不動産の世界でもバブルの崩壊後は市場がぐらつき回復までに時間がかかります。仮想通貨においても同じで市場が縮小してしまうとは限りません。むしろ未来において拡大する可能性の方が高いでしょう。

ICOに一括分散投資をして上場する時を待つ

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは企業が事業を立ち上げるために仮想通貨を使って資金調達をすることです。クラウドセールやトークンオークションとも呼ばれており、仮想通貨として世界に広がり価値を生み出すことを目的としています。ICOは信ぴょう性に欠けるものが多く全てのICOに安心して投資できるとは言い切れません。

ただしICOを行うと通貨価値が上昇する可能性が高いため資産を増やすチャンスになることもあります。仮想通貨の知識があり経験が豊富な方におすすめのテクニックとして、ICOへ一括分散投資があります。未上場の企業が上場するのを待って価格が上がったらただちに高値で売りに出すテクニックです。

ナンピン買いを実践する

ナンピン(難平)買いとは相場の動きによる損失をできるだけ抑えることができる買い方です。ナンピン買いは保有している通貨の価格が下がった時、あえて通貨の買い増しをすることで平均取得価格を下げようとする買い方なのでリスクヘッジに効果を発揮します。ナンピン買いは投資に慣れた人におすすめのテクニックですので、初心者の方は仮想通貨の流れや売買に慣れてから実践するようにしましょう。

資産を増やしたいならこれだけは覚えておこう

あくまで勝負の世界であることを忘れない

仮想通貨は日本円やドルなどの国が発行する通貨とは異なり、実際にはお財布の中に現金としてしまうことができない未来型の新しい通貨です。日本でも急激に仮想通貨人口が増え、市場も忙しくなってきました。ここでもう一度認識しておきたいのが仮想通貨の売買はあくまでマネーゲームであるということです。

どこをたどっても勝負の世界であることに変わりはなく、利益が出れば損益を味わう人がいるということを忘れないようにするべきです。資産を生かすテクニックは専門家が見出したもの、自分自身であみだしたものと色々あるでしょう。投資の世界はあくまで戦いの場であることを理解し、初心を忘れずに取引をするようにしましょう。

テクニックにこだわり過ぎないことも大切

仮想通貨の投資で中心となる考えは資産を増やすことでしょう。利益や利息を短期間で増やそうとして、適切な判断がにぶることだけは避けたいものです。資産を増やすために前述したテクニックを使って取引を行うことも大切です。しかし仮想通貨の売買の最終決定者はあくまで投資家本人ですので、極端にテクニックにこだわり過ぎないようにすることも忘れないようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る