副業で稼ぐなら!仮想通貨への投資がおすすめできる理由とは

副業で稼ぐなら!仮想通貨への投資がおすすめできる理由とは

7view

2018.07.03

最近流行りの仮想通貨とは

仮想通貨は話題沸騰!

ここ最近では話題沸騰ともいえる仮想通貨、巷でのよく耳にするようになったことは勿論、テレビの情報バラエティ番組やコマーシャルなどで取り上げられる機会も最近は増えてきました。とりわけ景気のいい話題が多いことが特徴で、資産が何倍にも増えたとか、ただのサラリーマンが億単位で稼いだなんて話を耳にすることもしょっちゅうです。

ここまで夢のある話を聞かされれば、どうしても気になってしまうのは人情として仕方のない事。特に、日々忙しく働いているサラリーマンにとっては現在の状況を大きく打破してくれるような夢のある話に聞こえて、気になってしょうがないなんて人も沢山いるのが現状です。しかし、あまりにも聞こえてくる話のスケールが大きすぎ、景気が良すぎるとやはり怪しく感じてしまうもの。

そもそも、こういった成功体験ばかりよく耳にし、結局どういったものかはよくわからない、というのが多くの人にとっての仮想通貨に対する認識だと思います。しかしそんな状況だからこそ、仮想通貨の投資は現在も夢を掴むための大チャンスになっているのです。

特に、副業として稼ぎたいと考えているサラリーマンには最適の方法と言えます。本日は、仮想通貨に興味を持っているサラリーマンなら知っておきたい基礎知識と、仮想通貨への投資が副業に最適な理由をご紹介いたします。

仮想通貨とは

仮想通貨とは、紙幣や硬貨が存在せず、デジタル上でやりとりされている通貨の事です。国家から通貨としての価値を保証されておらず、あくまで閉じられているコミュニティ間でやり取りするための通貨というのが定義ではあるのですが、それが現在、ここまで世間に知れ渡っているのは、その通貨を流通させるコミュニティを世界中に広げたためです。

世界中の人に知れ渡り、多くのユーザーがコミュニティに参加し、価値を認めているからこそ、仮想通貨は通貨として成り立っているのです。仮想通貨について良く知らないという方にまず知っておいていただきたいのは、仮想通貨という物が「多くのユーザーが参加し、価値を認めることで初めて成り立っている」という点です。

最も有名なのはビットコイン

仮想通貨には多くの種類があります。先ほども説明したように仮想通貨とは国家から価値を認められている物ではないため、プログラムに詳しい人ならば誰でも新しい仮想通貨を作ることができるのです。しかしその多くは、仮想通貨として存在はしていてもユーザー数が足りず、通貨としての価値を碌に認められていないものがほとんど。将来性があるなんてとても言えないものばかりなのです。

そんな中で最も有名な仮想通貨がビットコインです。仮想通貨にまつわる成功談や夢のような話のほとんどがビットコインによるものであることからも分かるように、ビットコインは多数のユーザーから価値を認められ、現在もその価値を高め続けています。

これはビットコインが仮想通貨の先駆けであることも理由の一つではあるのですが、強固に組み上げられたシステムによって、取引データの改ざんが事実上不可能なレベルで極めて難しい点が大きな特徴として存在するためです。

非常に複雑な話になるためここでは省略させていただきますが、ビットコインはデータ改ざんという不安要素を取り除くことでユーザーから信頼されているという事です。これから仮想通貨への投資を始めるならば、安全性という意味でもビットコインから始めてみる事をお勧めします。

仮想通貨が副業に向いている理由

ビットコインは副業に最適?

毎日忙しく過ごしているサラリーマンが、更なる収入を求めて副業をと考えた際に、現在最もおすすめできるのがビットコインへの投資です。他の副業や投資などと比較して一体どういう点にメリットがあるのか、これからご説明していきたいと思います。

市場が上り調子

ビットコインはごく最近話題になったばかりの仮想通貨で、現在もバブル期と言っていいほど右肩上がりの相場を維持しています。最近耳にする成功談などは、この上り調子の相場に上手く乗っかることができた人たちの声なのです。当然、この相場に関しては疑問もあります。

上り調子だったのはこれまでの話で、ここからは落ち着いてしまい旨味はないのではという考えも、話題になった時点で出遅れているという考えも間違いではありません。ビットコインは相場で価値が変動するものですし、今後の相場に対して絶対とは言い切ることはできません。

しかし、仮想通貨が数多くのユーザーに信頼されることで価値が認められる物であるという大原則を思い出せば、まだまだ相場が上昇する可能性は充分にあるという事実に気付けるのです。ビットコインはここ最近で爆発的に話題になった存在です。世間に対する知名度は圧倒的とも言えます。

ですが、実際にビットコインの取引を行っている人口がどうなったかというと、知名度の増加にたいしてほとんど増えていないのです。つまり現在は、ビットコインという存在は知っていて興味もあるけど、未だに手が出せていない人ばかりの状態という事です。

ビットコイン自体も、投資対象としての価値は認められているものの、まだまだ現実で通貨として利用できるのは一部の店舗などに限られているなど、通貨としては発展途上の状態です。即ち、現在のビットコインは、まだまだ伸びしろをたっぷりと残した状態で圧倒的な知名度を得たという状態なのです。今後更に価値が上昇していく見込みは充分にあると言えるでしょう。

何もしなくても儲かる可能性が高い

これほど右肩上がりの相場だからこそ、現在のビットコインは持っておくだけで利益を得られる事が期待できます。日々の仕事だけでも忙しいサラリーマンにとって、副業のためのまとまった時間を得ることはやはり難しいもの。ビットコインはそんな状態でも資産を賢く増やすことができるのです。

24時間取引ができる

仮想通貨の取引が株式投資やFX等と比較して利用しやすい特徴が、24時間いつでも取引ができるという点です。株式投資は日中がメインであり、FXは平日のみとサラリーマンにとってはうまく利用しづらい点が目立つのに対し、いつでも取引ができる仮想通貨は非常に活用しやすい投資であると言えます。

副業禁止の職場でも大丈夫?

ここまで、ビットコインのシステムや副業に最適な理由についてご説明してきましたが、いざ仮想通貨で副業を始めようと思ったところで、社則という壁が立ちはだかるパターンは非常に多いです。現在、多くの企業では社則において副業を禁止しているため、仮想通貨の投資は可能なのかとついつい悩んでしまうもの。これに関しては非常にグレーなところであると言わざるを得ません。

投資は副業に含まれるために駄目という意見もあれば、本業に悪影響を及ぼさないために定められた社則なのだから投資は問題ないという意見も。実際に投資を行っているサラリーマンは多いため、あまり心配する必要はないと思いますが、最後に会社に気付かれずに仮想通貨投資を行うためのテクニックをご紹介します。

会社に気付かれずに仮想通貨投資をするなら

会社で副業の存在に気づかれる可能性として一番大きいのが、住民税の徴収によるものです。仮想通貨投資で得られる利益は雑所得と呼ばれるものに分類されるのですが、この雑所得は年間で20万円を越えると確定申告が必要になり、税金を納めなければならなくなります。この時に発生する住民税は、そのままの状態では会社の給料から特別徴収という形で天引きされるシステムになっているのです。

つまり、同僚などに比べて住民税で引かれる金額が極端に多かったりすると、会社に副業の事が気づかれてしまう可能性があるのです。これを防ぐためには、確定申告時に雑所得分の住民税を普通徴収に変更するという手段があります。この手続きを行えば副業の収入によって発生した住民税を自分で支払う形になり、会社に気付かれるリスクを抑えることができるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る