仮想通貨で投資を行う際には利用する銀行口座を選ぶこと!

仮想通貨で投資を行う際には利用する銀行口座を選ぶこと!

13view

2018.07.03

仮想通貨を始めるなら口座選びは重要!

仮想通貨は始まったばかり

2017年度は仮想通貨元年と呼ばれているほど、仮想通貨が世界中に広まりその利用者が爆発的に増加した年でした。あなたの身の回りでもきっと投資目的で仮想通貨を利用している方がいるはずです。それくらい身近な存在となった仮想通貨。現在投資や資産運用、決済方法として金融界でさらなる注目を集めています。

銀行口座によって機能性や手数料が異なる

利用する口座によって、できること、できないこと、手数料の差などが生じる場合があります。勿論、機能性に長けていて手数料が安い口座があれば良いのですが、それには銀行についての特色を把握する必要があります。仮想通貨を使って投資を考えているのであれば少しでもメリットの大きいと口座を選び、有効活用するべきでしょう。今回は仮想通貨に使用するときの銀行口座の選び方について紹介していきます。

換金の際には銀行口座を介さなければならない

仮想通貨は通常の通貨とは違い、紙幣や硬貨に直接変換することができません。勿論仮想通貨から通常通貨へ換金することはできるのですが、それには必ず銀行口座を介さなければなりません。

つまり指定の銀行口座がなければ仮想通貨を利用することができないということです。指定した口座の手数料により少しでも利益が増減するのであればその点も最小限に抑えるよう徹底するべきでしょう。

仮想通貨を始める流れ

取引所口座開設〜振込

仮想通貨を利用するにあたっては、まず仮想通貨をトレードする取引所に申し込み、自分の口座を開設・または指定する必要があります。つまり仮想通貨を購入するにあたっては仮想通貨を運用する上での指定取引口座が必要となるということです。仮想通貨取引所に関しては、現在金融庁に認可されている16の取引所がありその中から選ぶことになります。

仮想通貨取引所の特色と手数料

現在利用できる取引所16社は以下の通り。

  • ビットポイントジャパン
  • bitFlyer
  • マネーパートナーズ
  • QUOINE
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin
  • SBIバーチャル・カレンシーズ
  • テックビューロ
  • フィスコ仮想通貨取引所
  • ビットバンク
  • BTCボックス
  • Xtheta
  • ビットトレード
  • ビットアルゴ取引所東京
  • BITOCEAN
  • エフ・ティ・ティ

仮想通貨を運用するにはこちらのいずれかに申込み、取引用口座を指定・開設する必要があります。もちろん、取引所によって設けられている各手数料も異なりますので取引所を選ぶことも仮想通貨を始める上で非常に重要なポイントになります。

利用する銀行口座

仮想通貨取引所に登録したらすぐに仮想通貨をトレードできる訳ではありません。まずは指定の取引口座に必要なお金を入れる必要があります。これは窓口やネットバンキング、また銀行ATMを使用して行えます。しかしここで注意すべきは送金にかかる手数料。

仮想通貨取引所が指定する銀行口座は送金は窓口やATMを持たない、または持っていても所有店舗・ATM台数が少ない銀行が多いため、どこかの銀行口座を介して送金しなければいけません。送金手数料は送金元の銀行により異なることが多い為、取引口座は慎重に選ぶ必要があります。こちらも仮想通貨を始める上で重要なポイントとなります。

送金回数が増えれば手数料も増える

仮想通貨取引所へ送金する際発生する手数料は口座を管理する銀行によって異なります。ある程度まとまった金額を一度に送金する場合は良いのですが、こまめに仮想通貨を買い足して運用する方もいらっしゃいます。仮想通貨における運用方法は個人の自由。しかし指定口座への送金回数が増えるとその分手数料も多くかかってしまいます。

投資などで仮想通貨を運用する場合、手数料などの余計な支出は極力抑えるべきです。確かに1回の送金にかかる手数料は微々たるものかもしれません。しかし送金回数が増えると手数料の年間合計額は1万円を超えることもあります。これは投資運用にとって大きなロスと捉えるべきです。どの銀行口座から送金すれば手数料を抑えられるか、利用している銀行口座のシステムを今一度把握する必要があります。

仮想通貨口座への送金は自行宛がおすすめ

送金には自行宛、他行宛がある

銀行の送金には「自行宛」と「他行宛」の2種類に大きく分類されます。「自行宛」とは同じ銀行内の口座、つまりA銀行口座からA銀行口座へ送金すること。「他行宛」とはそれ以外のパターンで、A銀行口座からB銀行口座へ送金、というように送金元と異なる銀行口座への送金となります。

仮想通貨購入には「自行宛」がおすすめ

仮想通貨を購入するときのおすすめの送金方法は「自行宛」の送金。この場合同じ銀行内の口座でのやり取りとなる為、手数料が抑えられます。中でもりそな銀行や楽天銀行など、著名な銀行の多くは自行宛の送金にかかる手数料を無料としています。つまり取引所が指定する振込先銀行口座と同じ銀行の口座を開設(既にお持ちの場合は設定)すれば送金にかかる手数料を大幅に削減できるということです。

仮想通貨の銀行口座は住信SBIネット銀行がおすすめ

住信SBIネット銀行をおすすめする理由

仮想通貨取引に指定される銀行口座は、利用する取引所によって異なります。それは取引所がどの銀行をメインバンクとして利用しているかがそれぞれ異なるからです。しかし、その中でも多くの取引所が取引に指定している銀行があります。それは「住信SBIネット銀行」です。以下が著名な取引所が指定している銀行口座となります。

  • コインチェック→住信SBIネット銀行、りそな銀行
  • bitFlyer→住信SBIネット銀行、三井住友銀行
  • Zaif→住信SBIネット銀行
  • bitbank→住信SBIネット銀行
  • GMOコイン→住信SBIネット銀行、楽天銀行
  • QUOINEX→住信SBIネット銀行

紹介した6つの取引所では全て取引口座に住信SBIネット銀行が指定されています。他にもりそな銀行や三井住友銀行、楽天銀行などが指定されていますがごく一部。つまり取引所が指定している口座のマジョリティに属しているのは住信SBIネット銀行だということです。

住信SBIネット銀行は自行宛の送金に関しては手数料がかかりません。それだけで普通なら支払うべき手数料をカットすることができる、ということ。特に仮想通貨を何度も買い足しするようなタイプの運用を行う方にはおすすめの銀行口座です。

住信SBIネット銀行は送金手数料無料サービスも行っている

利用している取引所が住信SBIネット銀行を取引口座に指定していない場合でも、住信SBIネット銀行は送金手数料無料サービスを行っています。はじめは月に1回のみ、手数料無料となります。これだけでもかなり嬉しいのですが、頻繁に仮想通貨を買い足しする方にとっては少々心許ない面もあります。

しかし住信SBIネット銀行ではある一定の条件を満たすことで月々最大15回まで送金手数料を無料にすることが可能です。同行では利用状況によって利用者ランクが存在し、そのランクが上がることによって他行への送金手数料無料の回数が増えます。

とはいえ月に10回も仮想通貨を買い足すことは考えにくいので、過剰に意識せず月に2〜3回手数料無料になるよう調整するのが得策です。この場合、月に3回の他行への送金手数料をカットできるランク2を目指すべきです。以下がランク2への昇格条件となります。

1.総預金の月末残高が30万円以上
2.総預金の月末残高が1,000円以上 かつロボアドバイザー残高の合計が月末時点で10万円以上
3.総預金の月末残高が1,000円以上

以下1~9の条件のうち2つ該当

外貨預金(普通・定期)の月末残高あり

仕組預金の月末残高あり

SBIハイブリッド預金の月末残高あり

純金積立の月末時点でご契約あり

給与、賞与または年金の月内ご入金あり

目的ローンまたは不動産担保ローンの月末残高あり

カードローン月末残高あり(50万円以上2つにカウント)
Visaデビットカードの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上2つにカウント)
BIG・toto購入または公営競技ご入金の月内合計が2万円以上
4.総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 30歳未満

上記した1〜4の条件のいずれかがクリアできていればランク2に昇格することが出来ます。
30歳未満の方でしたら口座に千円以上の預金があること。30歳以上の方であればハイブリッド預金の設定、そして口座を給与の振込先へと設定することが条件クリアの近道と言えます。

迷った時は住信SBIネット銀行で口座開設!

仮想通貨を運用する際には取引所の選び方はもちろん、送金元となる口座選びが重要だということが分かりました。的確な銀行口座を選択すれば普段支払うべき手数料をカットすることが出来ます。それには各銀行が行っている送金手数料サービスの活用、そして多くの取引所が取引口座に指定している住信SBIネット銀行に口座を開設し、そちらから送金することがポイントとなります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る