ブームに乗っかる!仮想通貨の投資を1万円でスタートできる?

ブームに乗っかる!仮想通貨の投資を1万円でスタートできる?

27view

2018.07.03

仮想通貨は投資の対象とするべき?

続々と新しい仮想通貨が生まれている!

仮想通貨は、この世に誕生してまだ数年しか経過していない、比較的新しいものとして認知されています。最初は、遊び半分でプログラマー同士が所有していたものが、いつしか通貨として認知されて今に至っています。いわば、おままごとでこども銀行の紙幣をやり取りしていたようなものが、今では立派な投資対象となっているのが実に不思議ですね。

その仮想通貨は、今でも次々と新しいものが誕生しては消えている状態です。どんなものでも、黎明期はまるでたけのこのように次々と芽を出してくるものですが、残念ながら淘汰されるものも多数あります。仮想通貨は、多くがベンチャー系の企業が運営しているものであるので、そもそもベンチャー企業自体が淘汰されている現状では、必然的な流れともいえます。

ついに銀行や国家が仮想通貨に乗り出す?

仮想通貨は、もう既に無視できない存在になっているのですが、その流れをより強固なものとしようとしているのが、大手銀行が仮想通貨の発行に乗り出している点です。まず手始めに、仮想通貨取引所の一つとして参入が予定されていますが、それは将来的な通貨発行へ向けての布石であることには間違いありません。

それに追い打ちをかけて、何と各国の中央銀行がオリジナルの仮想通貨を発行する動きがあることが明らかになっています。現状の通貨は経済に直結したものとなっていますが、その流れとはまた違う仮想通貨を発行して、安定した通貨発行を見越して、参入を検討しているのです。

これからは仮想通貨を証券化する動きが加速!

更に、仮想通貨の未来を大きく左右する可能性の高いものとして、仮想通貨の有価証券化が検討されています。現状の仮想通貨は、株式市場と比較すると、ある意味無法地帯であるともいえます。インサイダーや価格操作などについて規制がないので、事由である半面で健全な市場とはいえないのです。

日本政府は、2014年に仮想通貨についての見立てとして「有価証券と見なさない」と明言しているのですが、2018年現在で有価証券化に向けて研究を重ねている状況です。近い将来、有価証券化されるのは必至な状況であるのですが、これにより今までのような自由な取引はできなくなる可能性があります。

逆に、健全な投資活動を行えるようになることで、少ない資金でも参入しやすくなるというメリットもあります。一般的にこれから投資を検討されている方にとっては、この流れは歓迎すべきものではないでしょうか?

1万円は投資する際に大きな額なの?

まずは取引所を選ぶところからスタート!

今流行の仮想通貨に早速投資したい!と考えている場合、まずどの程度の資金が必要になるのでしょうか?それを決める要素として、まずは仮想通貨取引所を選択するところから始める必要があります。仮想通貨はまだまだマイナーな存在であり、取り扱う取引所は正直多くありません。

海外に目を向ければ多く存在しているのですが、日本では数社しかないのが実情です。また、その数社の中でも、取引条件が微妙に異なるので、投資額もそれに左右されてしまうのが実情です。1万円という、比較的少額の資金でスタートさせたいなら、最低購入金額が低い会社を選ぶことが重要です。

最低100円から購入できるところもある!

では、具体的にどの程度の資金があれば、仮想通貨の取引を行うことができるのでしょうか?今現在、日本の仮想通貨取引所では最低100円から仮想通貨を購入することが可能です!ただ、ここで注意したのは100円の資金で投資を開始できるわけではない点です。

仮想通貨取引所に登録した後に、ご自身の口座に資金を投入して、その資金を元に投資していくことになりますが、口座への振替に多くの手数料がかかります。なんと、会社によっては数百円の手数料がかかるので、その手数料分も見立てて資金調達しておく必要があります。

また、会社によっては最低購入金額が5,000円と高額なところもあるので、手数料と最低購入金額を両睨みして取引所を選択しましょう。また、どうしても選択する上で悩む場合は、大手の仮想通貨取引を中心として選ぶのがベターです。

1万円あれば十分!

仮想通貨の投資を始める上で、1万円というのは決して少なくない資金といえます!もう少し資金的に余裕があった方が良い気がしますが、まだ有価証券化されておらず、不安定な市場であることを鑑みれば、手軽に投資できる丁度よい金額ともいえます。勿論、仮想通貨にもゼロカットの仕組みがあり、仮に大きく値下がりしても資金がマイナスになることはありません。

1万円を有効活用して投資する方法は?

いきなり多くの通貨を持つのは危険!

仮想通貨は、とにかく価値の乱高下が激しい通貨です。よって、数時間のうちにありえないほどの上下を見せることがあります。長期的なトレンドで見ていれば自分の考えが正しくても、途中で資金が尽きて損失を計上してしまう可能性があります。よって、最初は少数の通貨を購入して、様子を見ることが重要です。
ビギナーズラックという言葉がありますが、あくまでも確率論でありこれに頼るのは危険です!

長期でポジションを持つのは有効?

為替市場の場合は、各国の通貨によって政策金利が違うので、通貨の組み合わせによってはスワップポイントを獲得できます。スワップポイントは、ただポジションを持っておくだけで金利差による利益を得ることができるのですが、仮想通貨にもスワップポイントはあるのでしょうか?

残念ながら、仮想通貨にはスワップポイントは付きません。そもそも、政策金利も無いので当たり前といえますが、逆にレバレッジ手数料がかかるのです。これにより、ポジションを持っておくだけで徐々に損失が生まれていきます。よって、仮想通貨では基本的に短期で如何に利益を上げることができるかが重要なのです。

今ポジションを切るべきか?残すべきか?

仮想通貨取引を行う上で、どの時点でポジションを手放すかが重要になります。これは、利益が出ているときも損失が出ているときも同じです。利益が出ている場合は、この後も価値が上がるかどうかを見極めて、利益幅を決めることが重要です。

逆に、損失が出ている場合は、これ以上損失が出る見込みがあるか、この後に徐々に回復するかのジャッジを下します。場合によっては、新たな資金を投入して耐えきるという事も視野に入れる必要があります。ただ、いずれにおいても躊躇するのは危険で、的確な判断をすぱっと下すことが重要です。

資金を増加させる方法がある?

資金を増やすことができるレバレッジとは?

1万円という限られた資金で利益を出そうとした場合、なかなか難しい側面があります。そこで、資金を見かけ上で増やすことで利益を出しやすくする方法があります。それがレバレッジです。

レバレッジとは日本語に訳すと、てこの作用となり、少ない力(資金)で大きなものを持ち上げる(利益を上げる)事ができる方法です。これは、為替市場では当たり前のように利用されている考え方ですが、仮想通貨でも同様にレバレッジを採用しているのが特徴です。

仮想通貨のレバレッジ倍率は?

為替取引におけるレバレッジは、現在は規制がかかり上限として25倍までに制限されています。仮想通貨においても、明確なルールはないもののこれに準拠して最大でも25倍に設定されています。ただ、それよりも低い設定になっているところも多くあります。例えば、25倍のレバレッジであれば1万円の資金が25万円で取引することができます。

また、仮想通貨は値幅が非常に広い状況が続いているので、仮にレバレッジが低くても、為替相場以上に利益を出しやすいのが特徴です。もちろん、レバレッジはプラスに作用するだけでなく、損益もその分だけ計上してしまう可能性もあるのです。しっかりと自分のポリシーを持って、時には心を鬼にして判断する事も重要です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る