仮想通貨を換金するのは可能!?おすすめの方法を伝授します

仮想通貨を換金するのは可能!?おすすめの方法を伝授します

33view

2018.07.03

仮想通貨は通貨と違うの?

仮想通貨は国家が発行しない通貨!

私達が生まれて以降、ずっとお金というと紙幣やコインをイメージしますよね。紙幣は仕事などを行って対価として得て、その紙幣を使用して日用品などを購入して生計を立てています。一部では、クレジットカードなどで商品を購入することも可能ですが、それでもクレジットカードの利用代金は結局通貨で支払うことになります。基本的に、国家が主体となって発行するものです。

その国の価値を示すと言っても良いものであり、経済にも密接にリンクするものとして知られています。ただ、仮想通貨の場合は国家は全くと言っていいほど関与していません。発行するのは、実は仮想通貨に参加されている方が発行しているのです!今までの通貨の常識で考えると、想像もできないですよね。

マイニングにより発行!

仮想通貨は、一体どのように発行されているかというと、それを紐解くキーワードとしてマイニングが挙げられます。マイニングとは、日本語に訳せば発掘という意味になります。仮想通貨は、基本的にP2Pと呼ばれるネットワーク上で取引を行います。

このネットワーク上では、ブロックチェーンと呼ばれる複雑な蜘蛛の巣のような状態が形成されています。このブロックチェーンでは、取引などの履歴情報が格納されています。この履歴情報の管理は、特定のパソコンで処理できるような量ではありません。

そこで、この処理の一端を担ってくれるパソコンがあると、そのユーザーに対価として仮想通貨を発行しているのです。この処理は非常に大変で、高いマシンスペックがなければ処理できません。ただ、仮想通貨を得るためにマイニング専用のパソコンを所有して仮想通貨を得ている方も多くいらっしゃいます。

なぜマイニングと言うの?

では、仮想通貨の履歴処理を行って仮想通貨を得ることを、なぜマイニングと呼ぶのでしょか?先に、マイニングは発掘という意味と紹介しましたが、実は各仮想通貨会社では、発行できる仮想通貨の量を制限しています。

その数は、各社によって異なるのですが、まだまだ未発行分の仮想通貨が存在しているのが実情です。正確に言えば、まだ発掘されていないというのがぴったり来る状態です。そこで、未発掘の仮想通貨を得るために多くのユーザーがマイニングに参加して、今活況を呈しているのです。

仮想通貨と通貨の関係性は?

直接はリンクしていない!

通貨は国家が発行するケースが多いものですが、仮想通貨は国家が関与せず、言わば無国籍な通貨です。よって、各国の通貨が下落するような事態が発生しても、基本的には仮想通貨には大きな影響が発生するケースは、今のところ少ないのが実情です。

但し、仮想通貨場バブルとも言える状態の中で、何時そのバブルが弾けるかは不透明な状態です。通常の通貨ではありえないような成長を遂げてきているだけに、一度バブルが崩壊するとどのような事態になるかは予測が付きません。よって、しっかりとリスクヘッジした上で投資することが重要です。

マイニング以外で仮想通貨を得る方法は?

仮想通貨を得る方法として、マイニングがメインとなるのですが、それ以外でも仮想通貨を獲得する方法があります。それは、通貨を仮想通貨に変換する方法です。イメージとしては、為替取引と同様に、仮想通貨を取引する会社の口座に資金を入れて、その資金を元に仮想通貨の取引を行います。

仮想通貨を購入して、その仮想通貨の価値が上がる・下がると利益になるか損益になるかが決定します。正しく、為替取引そのものと同じといえます。

為替取引との違いは?

通貨を取引する為替取引と、仮想通貨の取引とは一体何が違うのでしょうか?大きく違う点としては、レバレッジがあります。レバレッジとは、実際に所有する資金を増やして取引を行うことができる仕組みのことを言います。為替取引では、日本ではレバレッジは最大25倍にすることが可能です。例えば、10万円の資金があったとすれば25倍の250万円の資金で取引できるという仕組みです。

その分だけ、取引時の損益幅を大きくできるのが魅力です。仮想通貨の場合、現時点ではレバレッジは最大10倍というところが多くあります。他にも、仮想通貨には基本的にスワップという金利の考え方はありません。似たようなものとして、手数料が差し引かれる事になっており、基本ポジションを持っておけばその分だけ手数料がかさんでいきます。

まだまだ仮想通貨はマイナーな存在!

投資市場としては、仮想通貨は急成長を遂げていますが、通貨としての利用価値という点ではまだまだ整備されていないのが実情です。例えば、大手のネットショッピング会社では、やっとメジャーな仮想通貨での代金支払いに対応しています。

ただ、これも海外向けのネットショップだけで、日本ではまだ未対応というケースも多々見られます。よって、仮に仮想通貨をマイニングや取引などで多く手に入れても、それを上手く利用するという手段が少ないのが実情なのです。ただ、徐々に整備が進んでいることは明らかであります。

取引で得た仮想通貨を換金できるの?

取引による仮想通貨を換金可能!

為替取引同様に、仮想通貨の価値の上下を利用して利益を出た場合、気になるのが通貨に換金できるかどうかです。せっかく利益を出しても、その仮想通貨の使いみちがなければ宝の持ち腐れです。

通貨を仮想通貨にするためには、仮想通貨取引会社を利用すると説明しましたが、その口座に入った仮想通貨は通貨への換金が可能です。しかし、日本で仮想通貨を取り扱う会社は少なく、海外の会社の方が優勢です。日本語に対応した会社も多いので、日本にいながら利用できる点がメリットとして挙げられます。

利益は課税されるの?

利益が出た場合においては、為替取引同様に課税の対象となります。指針として、仮想通貨を通貨に換金した時点で、課税の対象となることを表明しているのです。利益が出た場合は、しっかりと納税して国民の義務を果たしたいものですね!

マイニングで得た仮想通貨は換金できる?

投資で得た利益の換金とは別物!

マイニングで得た利益の場合は、投資して得た利益の換金方法と同じ手は使えません。マイニングは、会社に口座を開設すること無く利用することができるので、同じ方法は採用できないのです。

仮想通貨両替商サービスを利用して換金する!

マイニングで得た仮想通貨を手軽に換金できる方法として、仮想通貨両替商サービスがあります。仮想通貨両替商サービスは、通貨で言えば両替所のようなイメージで、仮想通貨と通貨の橋渡し役となるものです。どのようにして両替するかというと、意外と原始的で両替商がまずは両替する仮想通貨を預かります。

そして、仮想通貨取引所で新規にアカウントを作成して、そのアカウントで仮想通貨を通貨に変換して、依頼者に返還することで、通貨に両替できます。どこにいても行える点が魅力的で、利用者も増えています。更に、現状ではこの両替については課税されていません。

その点も、仮想通貨両替商サービスがもてはやされている要因の一つになっています。但し、仮想通貨両替商サービスを利用すると一定の手数料がかかりますので、その点には注意が必要です。仮想通貨ATMが登場日本ではまだまだマイナーな存在である仮想通貨ですが、海外ではなんと仮想通貨の預け入れや引き出しを行うことができるATMまで登場しています。

このATMを利用することで、所有している仮想通貨を預け入れて、通貨に両替して換金することができます。海外では、既に1,500台もの仮想通貨ATMが稼働しています。日本でも、渋谷などの大都市を中心として、15台程度の仮想通貨ATMが稼働していますが、まだまだ世界との温度差があるのが実情です。その点で言えば、マイニングによる仮想通貨の換金は仮想通貨両替商サービスの方が手軽と言えます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る