【仮想通貨のポイントは手数料】安いのは取引所?販売所?

【仮想通貨のポイントは手数料】安いのは取引所?販売所?

38view

2018.07.03

そもそも販売所と取引所の違いとは?

通貨をすぐ購入できるのが「販売所」

初心者の方でも安心して始めることができるのが販売所です。販売所の特徴は仮想通貨を扱っている販売元から直接購入できることです。ですので、待ち時間もなく短時間で希望の通貨を購入することができます。

国内で購入できる仮想通貨で販売所があるのは「Coincheck」「bitFlier」「Zaif」「GMOコイン」などになりますが、取引所と比べて販売所は手数料が高いため、通貨を購入する度に高い手数料を払わなければなりません。また、販売所の場合は成功注文(値段指定を行わない注文方法)しかできないため、通貨の価格が取引所よりも高くなります。それでも初心者の方は購入プロセスが始めやすい販売所を選ぶことが多いです。

通貨を安く購入できるのが「取引所」

取引所は交換所とも呼ばれ、通貨を保有するユーザー間で通貨売買を行うことができる場所で、指値注文(買値、売値が指定できる注文方法)で取引ができるのが特徴です。株式と同じように板取引ができるため、売る側も買う側で希望する価格が一致することで取引が成立します。ですので、通貨をできるだけ安く購入する場合は取引所の方がよいです。

そして、何といっても取引所の最大の魅力は手数料が販売所に比べて格段に安いことです。手数料は通貨を購入するごとにかかるため、投資を継続的に続けるなら安いほうが断然オトクです。取引所では誰と取引しているかわからない状態で売買が行われますが、それでも手数料や通貨の安さには勝てません。

最初は「販売所」慣れてきたら「取引所」

販売所にも取引所にも、仮想通貨の取引においてそれぞれメリットとデメリットがあります。一概にどちらがよい、わるいという判断をすることはできませんが、おおむね仮想通貨が初めての人は販売所向き、経験者は取引所というのが通常でしょう。相手の顔がわかるのが販売所です。

仮想通貨の取引では不安材料もたくさんあるので、安心して購入するためにも「まずはここで」と販売所を選ぶ人は多いです。しかし、手数料や通貨価格の違い、板取引での売買のおもしろさが経験できるなどの理由から、最終的には販売所を卒業して取引所に移行することもあります。仮想通貨に慣れてきてから取引所での貨購入を始めるのがおすすめです。

手数料が最も安い取引所はどこ?差はどれくらい?

国内では「Zaif」「bitbank」「bitFlyer」

日本国内にある仮想通貨の取引所は15社以上あります。海外取引所においては100社以上もあり、仮想通貨の盛り上がりは天井知らずといったところです。手数料が安いということをウリにしている海外取引所が目立ちますが、日本国内の取引所も負けてはいません。

どの取引所も通貨によって手数料が変わってきますが、手数料が平均して安い取引所は「Zaif」「bitbank」「bitFlyer」です。最もトクをする取引所を探すなら、自分の希望する通貨によって手数料が最も安い取引所を選びましょう。別の言葉でいうなら「購入する通貨によって取引所を変える」ということです。

取引所での手数料の差はどれくらいなの?

仮想通貨を売買する時にかかる手数料には取引所によって異なります。それぞれの取引所が設ける手数料はさまざまですが、一回の取引でおよそ数百円前後の手数料がかかっても最初はさほど気になることもないでしょう。しかし一日に取引を3回以上したとしたら、一ヶ月平均で一万円前後の差が出てきます。

年間なら12万円前後と大きな差が出てきます。販売所より取引所の方が手数料が圧倒的に安く、取引所の中でも手数料の安い取引所が存在します。本来の投資にできるだけ集中できるように、手数料はできるだけ低く抑えるようにしましょう。

手数料でおすすめの取引所3社を紹介

GMOコイン

GMOコインは東証一部上場企業で比較的新しい仮想通貨の取引所です。です。GMOコインはGMOインターネットの関連企業であるためITノウハウや金融に関する知識や経験が豊富なのか特徴ですが、投資家が安心して仮想通貨を売買することができる取引所として人気が高まっています。

GMOコインで取り扱っている通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル、イーサリアムです。買値と売値の差額「スプレッド」を払わなければなりませんが取引手数料は無料です。スプレッドが大きければ大きいほど手数料の額も高くなりますが他所と比べてもリーズナブルといえます。ただし一律ではないので確認をしておきましょう。

BitTrade(ビットトレード)

ビットトレードは2016年にできた注目の取引所です。ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、モナコイン、ライトコインなどのアルトコインを多く取り扱っているのが特徴です。ビットトレードは板取引で通貨の売買ができるためスプレッドも広くありません。

しかしスプレッドが安いかわりに取引にかかる手数料がかかります。メイカーはどの通貨もおおむね0.2%~0.3%、テイカーは0.2%から0.7%と幅があります。入金手数料については他社と比べるとやや高めの648円となっています。それでもスプレッドにかかる金額が少ないのは魅力でしょう。

QUOINEX(コイネックス)

コイネックスはセキュリティに強いコールドウォレットを使っている人気の取引所です。安心して保有通貨を預けることができるのは投資家が求める一番の条件でしょう。コイネックスはラインでのサポートがあり、わからないことや不安なことがあればいつでも対応をしてくれるのも心強い限りです。

コイネックスでは取引手数料の他、ロスカット、口座開設、口座維持への手数料もかかりません。ですので初めての方でも取引にかかる費用を気にすることなく仮想通貨の売買を始めることができます。取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュなどの通貨が購入できます。

仮想通貨における手数料の種類とは?

売買手数料と入出金手数料

売買手数料は通貨を売買する際に発生する手数料です。bitFlyerのように無料とする取引所もあれば、数十円以上の手数料を徴収する取引所までさまざまです。入出金手数料は通貨を購入するための入金、または出金にかかる手数料です。入金は日本円、ビットコイン、ライトコイン、リップルなどの通貨単位で行われます。通貨によっては日本で購入できないものもありますので気を付けましょう。

その他の手数料

売買手数料や入出金手数料の他に、口座を開設する時にかかる口座開設費用や口座を維持するための口座維持費用があります。どちらの手数料もほとんどの取引所で無料を提示しています。初心者の方でも気軽に仮想通貨を始めることができるように、口座開設という最初の段階で手数料を無料にしているところが多いのです。

また、支払いにおいてはコンビニ決済の手数料、Pay-easyの手数料、銀行振り込みでの手数料などがあります。利用する金額によってこれらの手数料も異なります。銀行の手数料は通常の送金にかかる手数料が適用になるので、口座のある銀行へ確認するようにして下さい。

手数料をおさえて仮想通貨への出費をおさえよう

仮想通貨を始めるには投資するお金と売買にかかる手数料が必要です。取引所によっては手数料が無料だったり手数料分だけ戻ってくるところもあるため、上手にサービスを利用すれば大きな節約につながります。手数料には実際の取引のシーンでかかる売買手数料の他に入出金手数料があります。

入金においても数百円ではありますが手数料がかかることがあるので、仮想通貨への投資をはじめるまえに、おおよそ必要な経費を計算しておくとよいでしょう。仮想通貨への投資には一定のお金が必要なので、安い手数料で購入できる通貨や取引所をリサーチして、賢く投資を続けていきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る