仮想通貨をやりたい人必見!仮想通貨投資で失敗する人の特徴は?

仮想通貨をやりたい人必見!仮想通貨投資で失敗する人の特徴は?

12view

2018.07.03

仮想通貨投資で起こる実際の失敗例とは

購入するか迷っていると高騰していた

「仮想通貨を購入しようか迷っている」と考えあぐねていたら、いつのまにか価格が値上がりしているパターンです。仮想通貨をやっている人であれば、比較的よく経験してしまうことでもあるでしょう。いざビットコインを買おうと思っていても、やはり最初の投資はためらいも出てしまうもの。気づけば購入する機会を逃して、後悔してしまう人も多いです。

振込先のアドレスを間違えていた

仮想通貨の送金は、銀行振込と同じように相手のアドレスに送ることが可能。ですが、そこで注意しておきたいのが振込先のアドレス。ビットコインであればビットコイン用のアドレスがあり、ネムであればネム専用のアドレスがしっかりと割り振られています。つまり異なる通貨のアドレスに間違えて送金した場合、最悪のケースだとコインが消失してしまうことも。

それだけでなく、アドレスを間違えて入力したため、ほかの人に送金されてしまうこともあります。アドレスは間違わないよう、最新の注意を払わなければなりません。中途半端な値で売ってしまった株などにも該当することですが、自ら購入した通貨の値が上昇しているときは、いつ下がり始めるのか不安になってしまう人も多いでしょう。

その不安を恐れて、中途半端な値で売ってしまうケースも多々あります。最高値で売ることは非常に難しいですが、あまりにもはやい段階で売ってしまった場合、後々「あのとき売らなければよかった」と後悔してしまうことも。

確定申告を行わなかった

仮想通貨を始めたのはいいものの、「税金についてはよく知らない」という人も少なくはありません。「少しの額だから申請しなくても大丈夫そう」なんて思っていると、後で大変な事態に発展してしまう可能性もゼロではありません。そうならないためにも、少額でも確定申告はしっかりとしておく必要があります。

イナゴで購入、狼狽売りで損をしてしまうイナゴで購入するとは、価格が上昇したときにその流行に合わせて購入するということ。流行が大きいものであれば上昇し続けることもありますが、比較的小さいものであればすぐに値が下落してしまうことも。一方狼狽売り(値の急激な下落により手放すこと)においても、売ったあとに再び値が上昇して後悔してしまうことも多いです。

仮想通貨投資に失敗する原因とは

リスクを恐れてしまっている

仮想通貨で損することを恐れてしまい、リスク覚悟の思い切った取引ができなくなってしまうことがあります。とくに購入している通貨の相場が大幅な乱高下をしているとき、そのリスクに不安になってしまい売ってしまうことも多いでしょう。このような状況のとき、心にゆとりがなくなってしまうことも多いはず。そうなると、今後値が上昇することがわかっていても判断を間違えてしまう可能性が高くなります。

投資しすぎて生活に支障が出ている仮想通貨の投資を行っている人の中には、生活に必要なお金を削ってでも仮想通貨にお金をつぎ込んでいる人もいます。利益が出れば問題はないかもしれませんが、いざ損が出てしまったとき、非常にリスクを抱えてしまうことも。

「最終的に利益が出せれば問題ない」とポジティブに考える人も多いですが、そうした考えがどんどん負のサイクルを生み出してしまう可能性もゼロではありません。気づいたときには「お金がなくてどうしようもない」といった状況に陥らないためにも、仮想通貨に投資する額はあらかじめ決めておいた方が賢明です。

お金を儲けることしか頭にない

確かに仮想通貨でうまくいけば、多くのお金を生み出せる可能性もあります。ですがただ「お金儲けしたい」といった感情が先走った場合、お金儲けできるチャンスがあるものすべてに投資してしまい、その結果投資しすぎて失敗してしまうことも。

仮想通貨の中には、一時的には値が上昇してもすぐに暴落してしまうものも多いです。目先の利益に囚われるのではなく、投資しようとしている通貨にしっかりと価値があるのかどうか考える必要があるでしょう。

常に周りの意見に流されている

「ほかの人が買っているし自分も購入しよう」など、自分の意見を持たず周りの意見に流されてしまう人も多いです。多数派の意見が正しくて少数派の意見が間違っているという判断基準を持っていると、いざ均等に意見が割れてしまったときにしっかりとした判断ができなくなってしまうことも。多数派の意見が絶対というわけではないので、自分の意見で決断することが重要になります。

短期売買を繰り返している

仮想通貨は、比較的1日の中で大きく相場が変動しやすい投資のひとつ。ですので、短期売買を繰り返して利益を狙おうとしている人も多いです。しかしそのようなケースだと、毎日相場がどう動いているのか確認しなければならず、さらに取引回数が自然に増えてしまうので、損失機会も多くなります。

それだけでなく、精神的にもストレスがかかってしまうことも少なくはありません。とくに仮想通貨を始めたばかりの人がこうした短期売買をした場合、冷静な判断力を失ってしまう可能性もあるでしょう。

仮想通貨投資で失敗しないためには

決まった額の中でリスクをとる

仮想通貨などの投資において重要なのは、「最悪このお金がなくなっても大丈夫」というお金で行うこと。最悪のケースをあらかじめ想定しておくと、いざ損失が出たときショックになることはあっても、生活に支障になることはないでしょう。

「もし仮想通貨で損失が出た場合、生活にも支障が出る」といったケースでは、冷静な判断力も失いかねません。それを踏まえたうえで、投資にはリスクは必要不可欠。余剰資金でリスクを積極的に取りにいくことで、思わぬ利益が生まれる可能性もあります。

しっかりと価値のある通貨に投資

仮想通貨といっても、その種類はなんと1500種類以上。ひとつひとつの通貨によって、持っている価値は異なります。お金儲けだけ考えて値が上昇している通貨を狙って購入しても、後々大きな損失を生み出してしまうこともあるかもしれません。重要なのは、どの通貨に投資するかということ。価値のある通貨に投資しておけば、利益はあとからついてくることも多いでしょう。

それ以外にも、価格が上昇している根拠をしっかりと把握しておくことも大切。しっかりと値が上昇している理由がわかれば、その後もどんどん伸びていく可能性も高いはず。暴落したときでも、買い増ししておけば利益が増えていくことも期待できますよ。

自分の判断基準を持つ

仮想通貨を行ううえで、情報収集も非常に重要なこと。ネット上では、仮想通貨に関するさまざまなニュースが日々流れています。ですが、書かれている情報がすべて正しいとは限りません。ネットに載っている情報をすべて信じてしまった場合、あれこれ振り回されてしまうこともしばしば。情報に触れることも重要ですが、根拠を自分の中でしっかり考えておくことも、今後の投資を考えていく中では非常に抑えておきたいところ。

なるべく先を考えた投資を行う

短期間での売買は、精神的に非常にストレスになってしまうことも多いはず。仮想通貨市場は今後ますます発展していく可能性があります。3年や5年、さらには10年先を考えた投資をすることが、資産運用するうえでは非常に重要なこと。仮想通貨で安定した資産運用をしたければ、短期ではなく長期でやっていくことを考えながら売買するのがおすすめ。身近な暴落は、長期的に考えれば一時的なものであるケースもあります。

周りに流されず先を考えて投資をしよう

自分の財産を守れるのは自分だけ

仮想通貨は他の投資と比較すると、まだ始まったばかり。今後ますます発展が期待されている仮想通貨ですが、自分の財産を守れるのは自分自身だけです。仮想通貨投資が失敗して後悔しないためにも、「あらかじめ決めた額の中でリスクをとる」「価値のある通貨に投資する」「ネットに流されず自分の判断基準を持つ」「なるべく長期を見据えた投資を行う」といったことを意識しながら、楽しんで仮想通貨の投資をおこないましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る