初心者は特に気を付けたい!仮想通貨の投資詐欺にご注意を

初心者は特に気を付けたい!仮想通貨の投資詐欺にご注意を

8view

2018.07.03

最近話題の仮想通貨

ここ最近、物凄い勢いで巷の話題を席巻している仮想通貨。投資したお金が何倍にも増えたとか、生活が一変したなんて話も色々聞こえてきています。取り上げられる話題は現代のサクセスストーリーのようで、少しでもお金を増やしたいと恐る恐る手を出してみたという人もいれば、凄く興味はあるけどなかなか手が出せない、なんて人も多くいるようです。

こんなに景気のいい話が聞こえてくるのですから、自分も試してみたいと思う反面、何か落とし穴があるのでは、と考えてしまうのも人間であれば当然の事。お金に関わることですから慎重に考えるべきです。そして仮想通貨の世界に落とし穴があるという事もやはり事実なのです。

本日は、仮想通貨の中でも最も有名で、世界一の流通量を誇るビットコインでの投資にまつわる、詐欺についてのお話をさせて頂きます。今後仮想通貨を試してみたい方、既に仮想通貨にチャレンジしているビギナーの方はぜひとも参考にして下さい。

仮想通貨の仕組みとは?

まずは仮想通貨の定義についてご説明いたします。仮想通貨とは、紙幣などと違い実際には存在していないデジタルな通貨の事です。本来は開発者によって発行され、特定のコミュニティ間で使用されるものです。オンラインゲームで使われているお金などが近いでしょう。定義の上ではああいったものをイメージしてもらえれば大きくは違いません。

特定のコミュニティ間で使用されるというお話をしましたが、それはつまりそのコミュニティの中だけでは通貨としての価値が保証されているという事になります。世界で最も有名なビットコインは、そのコミュニティが世界中に広がっていった結果、世界中で価値を認められているのです。

ここからは、ビットコインの仕組みについてご説明いたします。ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨ですが、その最大の特徴は、特定の管理者や発行者が存在しない事です。発行者が存在しない仮想通貨をどうやって流通、管理させているかというと、ビットコインのネットワークに参加している不特定多数のユーザーによって行われているのです。

ビットコインの仕組みを語る時に欠かせないのは、「ピア・トゥー・ピア」(以下P2P)と「ブロックチェーン」という二つのシステムです。P2Pは、特定のサーバーを介さず、ユーザー同士で通信を行う通信方式の事。クライアント-サーバ方式と呼ばれる通常の通信方式では、ユーザー間にサーバーが存在し、ユーザーはそのサーバーを介して通信を行います。

この形式だとサーバーにて一括で情報の管理ができるものの、サーバーにアクセスが集中しやすく、サーバーがダウンしてしまうとネットワークが機能しなくなるリスクがあります。対してP2Pは、このサーバーが存在しないため、ユーザーが増えてもアクセスが集中する危険性が低いという利点があるのです。

次にご紹介するのはブロックチェーンです。ブロックチェーンは取引データをユーザーみんなで分散して管理するという技術の事。取引の情報データを一定時間ごとに生成されるブロックという単位にまとめ、鎖のように繋げていくイメージです。このブロックチェーン内でユーザーが行うマイニングという作業によってのみ、ビットコインは新規に発行されることになります。

つまり、ブロック内のデータは、ユーザー間の取引情報やマイニングによって新規に発行されたビットコインのデータという事になります。紙幣などが存在しない仮想通貨にとって、このデータが信頼できるものであるかどうかが通貨としての信頼に関わってきます。改ざんなどされてしまえば、通貨として全く機能しないという事です。そこで、このブロックの生成には非常に複雑な計算が行われています。

その複雑さは改ざんが極めて難しいといわれるほど。更にブロックチェーンの技術によって、繋がっているブロック全てのデータを書き換えなければ気づかれてしまうという非常に高いハードルも設けられています。そのうえP2Pによってこのブロックの情報を複数のユーザーが管理することになるため、データの改ざんは理論上不可能といわれているのです。

ここまで徹底したデータの安全確保を行っているからこそ、これだけユーザーが世界中に増えた現在でも、通貨としての信頼を得られているという事です。逆にいえば、ここまで徹底できなければ通貨として機能しないという意味でもあります。国家による価値の保証のない、相場のみで価値が変動する仮想通貨を維持するには、これだけのシステムを構築してユーザーの信頼を得なければならないのです。

アルトコイン詐欺の実態

ここまでビットコインについてお話してきましたが、ビットコインはあくまでも仮想通貨の一種、ビットコインが全てというわけではありません。世の中には他にも仮想通貨が存在し、流通量を増やしている現実があります。中には、着々と価値を高め、投資で儲けるにはビットコイン以上に適していると噂されるような銘柄も存在します。

また、ビットコインの価値の上昇が激しかったのも昔の話で、今後は大きく利益を出すのは難しいという見方も多くあるのが現状です。そんな話を聞いてしまえばビットコイン以外の仮想通貨に目移りしてしまうのも人情ですが、それこそが仮想通貨における投資詐欺の狙い目なのです。アルトコインという言葉があります。これは最も知名度が高い仮想通貨である、ビットコイン以外の仮想通貨を示す総称です。

アルトコインには先程お話しした通り将来有望なものもあるのですが、大半は将来性のないものです。仮想通貨の投資にまつわるメジャーな詐欺とは、この「アルトコインを将来有望と偽って高値で売りつける」ことなのです。アルトコインについてもう少し詳しくご説明します。既にご説明している通り、仮想通貨とは国家による価値の保証がないデジタルな通貨の事。

限られたコミュニティ内で使用するためのものです。ビットコインですらこの定義に当てはまります。そしてビットコインは特定の管理者や発行者がいないまま、現在も流通しているのです。つまり、既にお気づきの方もいるかもしれませんが、仮想通貨というのは誰でも自由に生み出すことができるのです。

国が価値を認めているわけでもない、本来身内の間でやり取りするだけのものなのですから、よく考えれば当然のこと。プログラムの知識さえあれば、新たな仮想通貨を生み出すことは難しくありません。しかし、それが通貨としての価値を認められるかは別の事。それこそ小さなコミュニティ内で使用するなら問題ありませんが、投資して利益に結び付けるためには、それだけ多くのユーザーが必要です。

多くのユーザーが利用し、価値を認めることで初めて投資の対象になりえるのです。残念ながら、今存在しているアルトコインの大半は通貨としての価値を確立できておらず、将来性にも期待できない物ばかりです。通貨として価値を持つためには多くのユーザーの信用が必要だという事は常に心にとどめておきましょう。

悪質な相場予測にもご注意を

またそれ以外の手口として、適当な相場予測でお金を取る、悪質な企業や専門家などもいるため注意が必要です。仮想通貨は相場に左右されるため情報収集することが重要である点や、外れたからといって意図的だったかどうかを判断することが難しいため、詐欺であれば非常に悪質だといえます。

また、ここからアルトコイン詐欺に繋げるケースもあるため、相場の予測などは細心の注意を払い、できるだけ信頼できる人に頼るよう心がけましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る