仮想通貨投資の種類別デメリットまとめ|初心者がすべき事とは?

仮想通貨投資の種類別デメリットまとめ|初心者がすべき事とは?

13view

2018.07.03

仮想通貨の種類にはどんなものがある?

ビットコイン

仮想通貨のことがてんで理解できないという人でも、ビットコインという名前を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。ビットコインは仮想通貨を持つ人の大半が使用する人気の通貨で、信頼性があり、たくさんの方に愛されています。実際ビットコインは仮想通貨の基礎としても確立されていて、他の仮想通貨はこのビットコインを軸に変化を遂げていったものです。

ビットコインは「あるとされているお金」をネット上で使用できる通貨という表現をすることもできます。ネット上でのショッピングや支払いなどが可能で、使用可能な機器があれば、本当のお金と同じように使用することができます。

イーサリアム

イーサリアムは、ビットコインとは大きな違いを持っています。ビットコインは決済用の通貨ですが、イーサリアムは開発やサービスを行う為のホームがあり、そこで様々な開発やサービスを自由にしてもらうものになっています。

通貨はイーサーと呼ばれ、契約を取り入れる事のできる仮想通貨として人気に。イーサリアムは、スマートコントラクトと言われる仕組みの中で成り立っていて、条件のチェックや自動履行が行えるようになっています。

リップル

リップル自体は仮想通貨ではありませんが、様々な仮想通貨間の両替通貨がリップルです。リップルは取引の上でもコストが低く速いのが特徴です。また、リップルを介することで様々な通貨規格を標準化し、資金の移動や決済を可能にしていきます。

ライトコイン

ライトコインはビットコインの改良版のような仮想通貨内で、ビットコインの弱いところをサポートしているのが特徴です。ビットコインよりも承認にかかる時間が早く、暗号化方式の違い、発行量が多くなっています。

ネム

ネムはビットコインの取引上欠かせないデータ技術です。通貨はゼムを使用します。ネムの特徴は「公平」「利益の分配」です。ビットコインはマイニングによって報酬が得られる仕組みがありますが、大金投資者に報酬が偏り気味になってしまいます。そういったことの無いように、ネムでは公平さを保てるようになっています。コミュニティが活発なのも特徴の一つです。

仮想通貨投資種類別デメリット

ビットコイン

ビットコインの価値は、取引記録が保存され続けるシステムの中に、改ざんや削除などの危険性が無いことが認められていることが挙げられます。しかし、ビットコインのシステムがハッキングされてしまえば、その危険性は大いに出てくることになります。

ですが、ビットコインの技術であるブロックチェーンやブルーフオブワークという技術はどれも秀逸であり、ハッキングを犯すことも困難といわれています。ビットコインのリスクとしてはもう一つ、取引所がハッキングされるケースがあります。取引所がハッキングに合うとビットコインを抜きとられてしまったり、取引所が破綻してしまうケースも出てきます。

イーサリアム

イーサリアムのデメリットは、すでにハッキングされた歴があるということ。また、ビットコインよりも認知度が低いということが挙げられます。主力のビットコインよりも優れた承認時間の早さや技術があるにも関わらず、決算手段として選ばれないのは、この認知度の低さにあるのではないかと言われています。

リップル

リップルでは管理者のいない仮想通貨と違い、リップル社という管理母体があります。ですので、リップル社が倒産してしまうことが一番のデメリットになります。

ライトコイン

ライトコインのデメリットは、データの改ざんがされやすいことです。また、データの巨大化が起きてしまう可能性があることも挙げられます。さらには暗号化方式にハッシュ関数が使用されている点もあります。

ネム

ネムは公平に利益の分配があるので、報酬が少ないことがデメリットになります。

仮想通貨投資のデメリットまとめ

大暴落の危険性

仮想通貨で利益を出されている方々は、売買差益での収入を得ています。その日の良悪ニュースによって大きく変動するので、価格も一瞬にして下落することも十分に考えられるわけです。株式投資のようなストップ高やストップ安がないために、価格が落ちる時には底知れず落ち続けるようになります。

取引所がハッキングに合う危険性

仮想通貨を始めて取引所を利用する時に、勘違いしてはいけないことがあります。取引所は、銀行的な管理を求めて利用するところではありません。あくまでも取引所は仮想通貨の売買をする場であり、取引所がハッキングされたり破綻した場合には、通貨が盗まれたり全額手元に戻らなくなることも考えられます。

買った仮想通貨は、通常ウォレットへの移動が基本的です。基本を守って通貨を守れるようにしなければなりません。

ウォレットパスワード紛失の危険性

仮想通貨を守るために自分のウォレットを持つのが基本ですが、このウォレットのパスワードや秘密鍵を紛失という事になると、かなり厄介です。仮想通貨は全て自己責任です。パスワードや秘密鍵を忘れても誰も助けてくれません。必ずバックアップしておく必要があります。

送金ミスが発生する危険性

仮想通貨を送金する際には、自動的に割り振りされる預入アドレスの入力が必要です。預入アドレスは自分で決めることができず、すべて英数がバラバラに届けられるので、手入力では誤入力の可能性は高くなります。万が一、アドレスを一文字でも間違てしまったら、やり直しはききません。

一発勝負だと思ってください。一度の過ちで通貨は消滅してしまいます。必ずコピペを利用し、かつ間違えていないか「しつこいくらい見直す」ことが重要になってきます。

国や政府での規制

日本には世界初の仮想通貨法が施行されています。投資家を守る法律ではないため(取引所の財務局登録を必須とするもの)、あくまでも緊急対策の一つとして考えておきましょう。ただし、自国の法定通貨力が低下すれば、日本においても仮想通貨に規制が入り禁止される場合も考えられます。そうなれば仮想通貨はすべて価値の無いものに変わります。

常に最悪のことを考えておく必要があるでしょう。

利益のあるところに事件が起こる

仮想通貨もしかり。利益の発生するところを嗅ぎ分けて事件は発生します。世界では、仮想通貨で膨大な利益を得た人が強盗などに襲われる事件が相次ぎ、今後も増えるだろうと予測されているのです。日本だから安心という概念は捨てた方が良いでしょう。

日本でもハッカーやネット詐欺集団は数多くおり、常に注目した人のお財布状況を判断する力を持った人がチェックしています。とくにSNSなどでは、むやみな公表を控えておいた方が身のためでしょう。

仮想通貨に対するリスクの考え方

多くの仮想通貨で共通することは、仮想通貨が稼げるものだという考えだけでは危険であるということです。仮想通貨は利益と同じだけのリスクも持ち合わせています。安易に知識がないまま仮想通貨を始めてしまうと、そのリスクの落とし穴にすぐはまってしまうかもしれません。

仮想通貨初心者は、仮想通貨の売買にはリスクやデメリットがあり、それらを熟知して始めなければなりません。仮想通貨を始めようとお考えの方は、仮想通貨を買う手順、取引所の特徴、セキュリティの強化方法、ウォレットの意味や使い方などなど、様々なものを学ぶ必要があります。

また、分からないからと相談にのるよ!などとSNSで声を掛けてくる詐欺も横行しているようですので、十分に注意しましょう。独学でもかなりのレベルまで仮想通貨は学ぶことができます。仮想通貨を学ぶ手段は、今動画やセミナーなど様々なものがありますが、中には詐欺まがいのセミナーなども横行しているそうです。学ぶ場所も慎重に選ぶようにしていかなければなりません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る