大注目!仮想通貨の投資に資金はどの程度必要になるの?

大注目!仮想通貨の投資に資金はどの程度必要になるの?

5view

2018.07.03

仮想通貨はどのようにして投資するの?

まだまだ未熟な市場!

仮想通貨への投資が、今活況を呈しています!多くの投資家が集まる市場となっていますし、有名人もこぞって投資していて、テレビなどでも盛んに取り上げられています。ただ、意外と仮想通貨への投資方法を知らない方が多いのも事実です。

というのも、仮想通貨が誕生したのは2009年のことですし、投資対象として扱われるようになったのも数年前の話です。世界的なルールがまだ制定されていなく、改善の余地が多々ある市場と言えます。ただ、市場として未熟な分だけ、多くの魅力を秘めているのが仮想通貨でもあります。

取引するには仮想通貨取引所への登録が必要!

仮想通貨を取引するために、最も効率よく開始できる方法は、仮想通貨取引所への登録です。仮想通貨取引所とは、仮想通貨を通貨で売買できる会社のことをいいます。まだまだ数は少ないものの、日本でも徐々に専用の取引所も増えています。基本的に、仮想通貨取引所は為替取引所と兼用で行っていることが多くなっています。ただ、仮想通貨取引所とは別途登録しなければならない点に注意が必要です。

登録においては、本人を証明する書類の提出も必要となりますので、注意が必要です。個人情報として注意したいのは、マイナンバーです。現時点では、仮想通貨に取得するにあたってマイナンバーの提示は認められないという方針を、個人情報保護委員会事務局が示しています。大切な個人情報ですので、開示に関しては最大限に注意してくださいね。

仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する!

仮想通貨取引所に登録したら、基本的に所有している通貨を資金として、指定口座にお金を入金します。今では、所有している口座からリアルタイムで口座振替することもできますので、手軽に資金移動させることが可能です。

口座に資金を投入したら、ご希望の仮想通貨銘柄を購入します。どの仮想通貨に投資するかは、腕の見せ所です。一時期の急成長が一段落した印象があるので、購入するタイミング、売却するタイミングをしっかりと見計らって投資する必要があります。

仮想通貨にもレバレッジがある!

レバレッジとは一体何?

為替取引の場合は、少ない資金で多くの取引ができるように、レバレッジという仕組みがあります。レバレッジは、単純に口座に所有している資金にある一定の倍率をかけて、見かけ上の資金が増えた状態で取引することができるのです。日本の為替取引では、レバレッジは25倍が上限とされています。

これは、過去高いレバレッジを設定していて、ギャンブル性の高い投資が横行したことにより、投資するものを保護するために上限規制して25倍という数字を設定しているのです。ただ、海外の為替取引所では、今でも25倍を超える取引ができるところも多く見られます。

仮想通貨におけるレバレッジは?

では、仮想通貨におけるレバレッジは、どのようになっているのでしょう。まだまだ仮想通貨を取り扱う取引所が少ないのが実情ですが、主に国内向けのサービスと、グローバルサービスを展開する取引所に分類できます。その中で、国内向けの取引所は、比較的レバレッジが低めに設定されているケースが多いです。

それでも、レバレッジは最低でも10倍に設定されているのです。また、グローバルサービスを展開している取引所では、レバレッジは為替取引の上限となる25倍に設定しているところがあります。為替取引では25倍でほぼ統一しているイメージがあるので、この点でいってもまだまだバラバラな印象があります。

ボラティリティが大きいのでレバレッジは関係ない?

為替取引と比較して、レバレッジが低いというと、投資という面では少し魅力が低く感じてしまうかもしれませんが、実は仮想通貨は価格変動率が非常に大きい市場です。価格変動率のことをボラティリティといいますが、ボラティリティは為替取引の約10倍高い数字となっています。

よって、レバレッジは低めでも多くの利益を出すことができるともいえますが、その分だけ一瞬の判断を誤ると利益を減らす、もしくは大きな損失になる可能性も高いのです。

仮想通貨を始めるための資金は?

100円からでもスタートできる!

仮想通貨を今すぐにでもはじめたい!という方は多いでしょうが、投資はまずは原資があってそれを如何に増やしていくかが重要になります。ただ、原資ありきでいつまでも投資できないのもあまり意味のない話です。では、最低どの程度の資金があれば取引を開始できるのでしょう。各仮想通貨取引所では、仮想通貨の最低取引単位を設定しています。

これは、為替取引ではロットと呼ばれているもので、最低取引単価以上の購入をしなければならないという意味です。これは、各仮想通貨取引所で大きく異なるのですが、最も低い購入単価を設定している取引所では、100円単位からスタートさせることができます。

逆に、最も単価が高いところでは5,000円からという取引所もあります。ご自身の資金状態や取引量に応じて、最低取引単位を睨んで仮想通貨取引所を決める必要があるというわけです。

最初は少額の資金からスタートさせよう!

最低でも100円からスタートできるわけですが、さすがにこの金額では仮に利益が出てもその量はたかが知れています。よって、ある程度まとまった資金を調達して、仮想通貨投資をスタートさせたいものです。ただし、仮想通貨取引は初心者がいきなり利益を出すことができるほど、甘い市場ではありません。

特に、ボラティリティが高いので投資した瞬間にいきなり暴落して一気に資金が底をついてしまう可能性もあります。よって、いきなり持っている資金を全て投入して投資するのは危険であり、まずは1万円や10万円などの単位からスタートして、仮想通貨取引のいろはを学ぶことをおすすめします。

仮想通貨にロスカットはあるの?

仮想通貨はボラティリティが高いだけに、暴落時に口座に入った資金以上に損失が出るのがとても怖いでしょう。ある程度資金を絞って口座に入れておいても、それ以上に損失が出れば大怪我をしてしまいかねません。為替取引では、ロスカットと呼ばれるある閾値を超えると強制的に売却するシステムを採用しているのですが、仮想通貨でも同様なシステムを採用しているのです。これなら、安心して投資できるでしょう。

マイニングの資金はどの程度かかる?

マイニングはご自宅のパソコンでも行える!?

仮想通貨を手に入れる方法として、マイニングがあります。マイニングを行う方法としてはいくつかあるのですが、実は自宅のパソコンやスマートフォンなどでもマイニングを行うことができます。参加方法も非常に簡単で、専用のソフトをインストールして、あとは可動させておくだけで自然とソフトが処理を行い、マイニングを行ってくれます。

稼ぐためには資金を投入する必要がある!

ただ、一般的なご自宅のパソコンでは、仮想通貨を稼ぐことができるというレベルまではいきません。それは、処理速度に大きく起因しているためです。多少パワーのあるパソコンでも、一日で数十円レベルの仮想通貨しかマイニングすることができないのです。

世の中には、マイニングに特化したパソコンやデバイスも販売されています。ただ、その金額はべらぼうに高く、ある意味投資しなければなりません。その点で、ある程度の資金がないとマイニングも行うことができないのです。

ランニングコストもかかってしまう!

ハード的にも多くの資金を投入しなければなりませんが、ランニングコストも強く意識する必要があります。特に、電気量には最大の注意を払わなければなりません。マイニング専用のハイパワーデバイスを使用するとなると、多くの消費電力がかかります。

その金額は、何と1万円をも超える場合もあるのです。せっかく仮想通貨を稼いでも、それ以上のランニングコストがかかってしまっては本末転倒です。本体費用とランニングコストを鑑みて、損益分岐点を意識してマイニングの可否を検討することをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る