仮想通貨への投資は長期がおすすめ?稼ぐためのポイント解説

仮想通貨への投資は長期がおすすめ?稼ぐためのポイント解説

29view

2018.07.03

短期と長期の投資スタイル、それぞれの特徴は?

短期か長期どちらがよい?迷うのは当然

仮想通貨で利益を得るためには「通貨をできるだけ安く購入して、できるだけ高く売る」ことが基本中の基本です。このシンプルな方程式を基準に、短期で攻めるか、長期で攻めるかを決定していくわけですが、仮想通貨が初心者の方やこれから仮想通貨を始める方は、どちらが最終的にトクなのかを追求してしまう傾向があるため、なかなか答えがでないこともあります。

2017年は世界をはじめ、日本国内でも空前の仮想通貨ブームになりました。年間で最も伸びた仮想通貨が数千倍と、まさに尋常ではない仮想通貨の伸びを記録しています。このような背景もあり、仮想通貨への投資で稼げるのは「短期」と考える人も少なくありません。

短期の特徴【メリットとデメリット】

仮想通貨を購入してから売りまでのスパンが短い(1日から1,2週間程度)投資スタイルが短期売買です。
短期のメリットは数倍、数十倍、数百倍以上の値上がりを期待しながら投資に挑めることです。一攫千金を狙うこともできる状況にあるのが短期の魅力ですが、現金が急きょ必要になったときに通貨をすぐに換金できるのもメリットの一つです。

短期でのデメリットは不確定な価格の変動を一日中スクリーンに張り付いて監視していなければないことです。仕事と仮想通貨の両立は厳しく、値動きに敏感になるあまり精神的に病んでしまうこともあります。加えて短期は取引を繰り返すたびに手数料がかかるため、長期より負担が重くなります。

長期の特徴【メリットとデメリット】

仮想通貨を購入してから数か月から数年間、通貨を売りに出さず、そのままの状態にホールドしておくのが長期の投資スタイルです。長期のメリットは「今日明日で売値が急激にジャンプ(または大暴落)するかもしれない」という精神的な上下を経験せずに済むことです。

本業のかたわら、自宅に帰ってきてからゆっくりチャートを確認するような比較的のんびりした投資スタイルが維持できます。長期のデメリットは通貨が数百倍以上に膨れ上がるといった、夢のような利益がほとんど期待できないことです。利益はあるにしても、一日で数百万、数千万もの利益を出せるかといえば厳しいといえるでしょう。

やっぱり長期投資がオトク?その理由とは?

複利効果で賢く稼ぐことができる

長期投資の魅力は複利効果があるところです。長期で通貨を保有することで利息が利息を生むので、元金がどんどん増えていきます。短期の投資の場合、元金の利息を効果的に膨らませることが難しくなることが考えられる他、資金の回転が速くなることで、状況によっては資金不足に陥ることもあります。長期的な視野でポジティブな投資スタイルを築き上げることができるのが長期で投資する理由の1つでしょう。

税金がかからない

仮想通貨を長期で保有する場合、所得税の課税対象にならないため税金は一切かかりません。投資家にとっても最大の魅力であり、長期で投資を選ぶ最大の理由だといえます。現在、利確や通貨間の取引、ビットコインを使用した買い物で20万円を超えた場合、所得税がかかってきます。

短期で取引を行う投資家やFXをしている方は、それぞれの取引をまとめて所得税計算をするのがとても大変です。税率をみても20%から50%と異常な金額が税金として差し引かれてしまうので、「税金がゼロ」という条件はかなり魅力的です。長期なら税金などに気をとらわれず、投資本来に集中することができます。

暴落時に強い

長期投資の基本的な理念は「何があっても売らない」ということです。通貨の価格が急激に下がってしまった時でも、損を覚悟で無理に売る必要がありません。短期の場合は常に価格の変動に敏感になる必要がありますが、長期の場合は「売らない」が基本なので、大暴落を通過して市場が安定し、最終的に値が回復するまで待てばよいのです。

市場の動向によっては多少の含み損を経験することも考えられますが、価格が少しずつ上昇し安全圏内に入れば、元金を大幅に割ることもほとんどありません。

仮想通貨は長期で稼ぐ!投資でのポイントとは?

通貨の保有期間の間に投資の勉強をする

短期の投資スタイルと比べても、長期では通貨チャートを確認したりする程度でとくに大きなアクションを起こすことがありません。時間的にも余裕があるということです。現在、仮想通貨は世界で1000種類以上あるといわれ、日本国内でも数種の通貨購入が可能です。長期で投資を続ける間に、通貨銘柄のそれぞれの特徴や仮想通貨全体の動きを自ら研究するように心がけましょう。

投資自体が初めての方、仮想通貨について不安のある方は、長期で通貨を保有している間が勉強のしどきです。有名投資家が持つ投資への理念や心構え、投資のノウハウなど過去の失敗談や成功秘話を含め、仮想通貨にまつわる知識の幅を広げておくようにして下さい。

基本的には本業で生計を立てるようにする

仮想通貨への投資は「余剰資産」を使って行うのが前提です。家計に必要なお金までを投資に回してまでのめり込むことのは適切な方法ではありません。とくに、お子さんや家族を持つ方にとっては鉄則事項です。仮想通貨へ投資金額は数十万円から数百万と人によってさまざまですが、基本的には本業で安定した収入を得ていることが大切です。

仮想通貨を副業としていれば生活そのものに影響を及ぼすことはないからです。長期で投資するなら自己資産のうち許容できる額、すなわち「0になっても支障のないお金」だけを使うようにして下さい。たとえ相場の変動で大暴落があったとしても、精神的な落ち込みもなく余裕をもって寝かせておくことができます。

バブルの崩壊時を狙って通貨を買い込む

長期で投資を始める時期について、通貨が最も底値で購入できる可能性が高いのはバブル崩壊後の大暴落時です。最安値で手に入ると思われる通貨を大量に購入しておきましょう。日本国内で1989年に経済のバブルを迎えたように、世界の歴史においても情報技術や住宅でバブルは起こっています。

バブルがあるということは、いつかは崩壊(弾ける)するということです。バブル崩壊後は価格が暴落し買いに走る傾向が強く表れますが、市場が冷え込むため価格の上昇はほとんど期待できません。しかしながら、結果的に少しでも利益があるのであれば、その時期を逃すことなく大量に購入しておいた方がよいです。

通貨の選択は「時価総額」を参考にする

仮想通貨を選択する時にに最も頭を悩ませるのが「どの通貨にするか」でしょう。長期保有の場合、通貨を選ぶ1つの基準として挙げられるのが「時価総額の高い通貨」です。時価総額が安定して高いのはビットコイン、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュ、リップル、ダッシュ、ライトコイン、モネロ、ネオ、ネムなどです。

これらは1000種類以上ある通貨のトップ10にランクインしている通貨です。1000種類以上ある通貨には消えてしまうものもあります。時価総額が極端に低い通貨はこの先も存続し続けるか不安が残りますが、時価総額の数字が高ければ高いほど、通貨が消えてしまうという可能性は低くなります。

仮想通貨の投資は長期がおすすめ?

じっくり固く攻めるなら「長期」

仮想通貨が初心者の方、また仮想通貨をこれから始めようと考えている方は、短期か長期かで悩むところですが、精神的な疲れや時間の制約がほとんどなく、複利効果を期待しながら投資をするなら長期がおすすめです。2017年、仮想通貨は一般的な株では見られないような予想を超える高騰を記録したこともあり、短期で大勝負に出る投資家も増えています。

しかしながら、短期で取引をすることで手数料がその都度発生したり、税金処理が複雑になることがあります。初心者の方は、長期保有の期間にじっくりと仮想通貨について研究し、知識や腕を磨くことをおすすめします。自分の納得ができるスタイルで仮想通貨を生活に取り入れることができれば、迷いや不安を少しずつ消えていくに違いありませんね。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る